• 院長挨拶
    院長挨拶 詳しく見る
  • あなたの本気を応援するドリームサポーターアサダコーポレーション
    あなたの本気を応援するドリームサポーターアサダコーポレーション
    asada corporation co.,ltd. 詳しく見る
  • スタッフから選手まで
    世界で戦える人材の育成から強化
    スタッフから選手まで世界で戦える人材の育成から強化
    アサダスタジアム 詳しく見る
  • アサダ整骨院・鍼灸院
  • 〒651-2124
    神戸市西区伊川谷町潤和1301-9 浅田ビル
  • アサダ整骨院・鍼灸院外観
  • 【月曜日~金曜日】
    ・予約診療
    午前8:30~11:30 午後17:00~20:00
    ・特別診療
    午後13:00~16:00

  • 【土曜日】
    ・予約診療
    午前8:30~11:30のみ

  • 休診日:日・祝日

  • 訪問鍼灸・体育の家庭教師については
  • こちら
  • 078-976-2233
  • 確かな技術で健康を サポートします。 交通事故治療 なら当院へお任せ下さい。

    詳しく見る ▶

家庭でできるストレッチ
肩こりのストレッチ肩こりのストレッチ
腰痛のストレッチ腰痛のストレッチ
アイシングアイシング
症状ごとにコースを探す
腰痛腰痛 膝痛膝痛
首 肩 腕の痛み腕の痛み
スポーツ障害スポーツ障害
ダイエットダイエット
コース紹介
加圧トレーニングコース加圧トレーニングコース
加圧トレーニングコース 専用のベルトで圧力をかけることで、通常以上の効果を低負荷、短時間、短期間で可能です。
メタボ解消コースメタボ解消コース
メタボ解消コース 今、あなたの短パン、Tシャツ、Yシャツ姿大丈夫?いけてますか?男性85cm、女性90cmがメタボリックシンドロームです。
プリティーウーマンコースプリティーウーマンコース
プリティーウーマンコース 切ったり張ったりせず本来の自分を東洋医学と西洋医学の両面から統合医療による医食同源をコンセプトに美しくそして自分本来の美しさを引き出してくれるコースです。
セルライト除去セルライト除去
セルライト除去 セルライト、むくみを魔法のように取り去りサイズダウン今より美しいセクシーボディをつくりましょう。
ハリウッドセレブコースハリウッドセレブコース
ハリウッドセレブコース 2ヶ月間短期集中ダイエットコース
自分のカラダと向き合い、プロのトレーナーが「医・食・住」のライフスタイルを提案します。
パーソナルトレーナーコースパーソナルトレーナーコース
パーソナルトレーナーコース パーソナルで各個人に合ったメニューや負荷をトレーナーが一緒について行ってくれるトレーニング+栄養指導+BODYトリートメント etc
Physion MPhysion M
Physion M 高精度で全身を部位ごとに左右の筋量を測定
もっとみる
  • アサダリハビリデイサービス
    アサダリハビリデイサービス 詳しく見る
  • 応援メディカ
    応援メディカ 詳しく見る
ブログ集
院長ブログ院長ブログ
スタッフブログスタッフブログ
スペシャリストブログスペシャリストブログ専門的な情報をお送りします。
セミナー情報セミナー情報
メディア掲載メディア掲載アサダ接骨院関連動画資料倉庫

症状ごとの対策Measures

症状ごとの対策

腰痛

いわゆる腰痛

400種類ある筋肉の中で、背骨を立たせ緩やかなカーブを保つのは、腹筋と背筋と(いわゆる背中)の筋肉です。この2つの筋肉は背骨の土台となっている骨盤にはじまり背骨を前後から引っ張りながら支えています。 腹筋と背中の筋肉が釣り合ってはじめて我々の背骨のナチュラルカーブのS字が出来ます。 背中に比べて腹筋は筋力不足に陥りやすく、下腹が出たりとアンバランスが不良姿勢の引き金となり腰痛となる場合が多いのです。

腰痛

正しい姿勢こそが腰痛・肩こりの予防に一番大切

背骨に不自然な湾曲(歪み)があると周囲の筋肉は余計な負担を強いられ痛みを訴えます。さらに、背骨の歪みは、脳とカラダの緊密な連携が妨げられ、不定愁訴(原因の特定しにくい肩こりや不快感)や慢性病を引き起こします。

※アサダ接骨院では、セルフケアとしてストレッチポールやラジオ体操、各種ストレッチ体操など筋肉の状態を柔らかい状態に維持できるよう正しい姿勢が出来るように、ストレッチ体操や体幹トレーニング指導もしています。 どうぞ遠慮なくご相談ください。

ヘルニア

ヘルニアとは臓器の一部が本来あるべき腔から逸脱した状態にあることです。症状としては痛み、腫れ、シビレがあります。(腰椎椎間板ヘルニア、頸椎ヘルニア、ソケイ部ヘルニアなどがある)

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは腰椎が前方へずれる状態を言います。年齢的な変化が基盤となって、年とともに変性が進行し、次第にすべり症が発生すると考えられます。主な症状は腰痛です。

脊柱分離症

10歳台前半から壮年期の比較的若い世代の激しいスポーツを行った人に多く見られます。分離した腰椎と、その上の腰椎の連結がなくなって不安定になり、周辺の靭帯や筋肉に負担がかかります。そうなることによって長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが生じます。スポーツが好きな子供がなる腰痛に多いのが脊椎分離症です。

腰痛の予防と対処法

腰痛の原因は多岐にわたり、その対処法も様々ですが、一般的には以下の点に注意してください。

  • 同じ姿勢を長時間続けないようにしましょう
  • 筋肉をほぐすストレッチや軽い運動をしましょう
  • 普段の姿勢も影響があるので、正しい姿勢を心がけましょう
  • 慢性痛の場合は腰~背中など冷やしすぎないようにしましょう(血行が悪くなるため)
  • まれに内臓疾患が原因で腰や肩が痛む事があります。突然の痛み、普段にはない激しい痛みの際は治療師に相談、または内科の専門医を受診してください。

改善(治療)方法、オススメの治療方法・コース

パーソナルトレーナーコース、メタボ解消コース、ゴールデンエイジコース、ボディトリートメントコース、ヒーリングスパチェアー、メディセル、エグゼトロン、フィジョンMD

コース一覧はこちらから ▶

膝痛

成長痛(オスグット―シュラッテル氏病)

10歳台前半から壮年期の比較的若い世代の激しいスポーツを行った人に多く見られます。分離した腰椎と、その上の腰椎の連結がなくなって不安定になり、周辺の靭帯や筋肉に負担がかかります。そうなることによって長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが生じます。スポーツが好きな子供がなる腰痛に多いのが脊椎分離症です。

成長痛の予防と対処法

  • 大腿部前面(大腿四頭筋)とハムストリングスのストレッチをしっかりして大腿部の筋肉の柔軟性を高める。
  • 成長期は筋肉の成長より骨の成長の方がスピードが早いので体が硬くなりやすい。
  • 強い痛みのある時は,ひざまづいてはならない。ランニングや屈伸等は控える。
  • 膝以外の上半身や腹筋、背筋のトレーニングなどはどんどんやるべきである。

変形性膝肉節症の原因

膝の痛みを引き起こす原因の1つには老化が原因で膝の軟骨がすりへる変形性膝関節症(OA)があります。筋力不足や柔軟性の不足が原因です。

膝痛は進行性が特徴です。

  • 膝には、平地を歩いているときでも体重の約3倍、走っているときには約10倍、階段の上がり下がりでは約7倍の荷重がかかります。
    このように膝関節には、大きな衝撃が加わるために、障害が発生します。
  • 原因として、老化のほか肥満、スポーツ障害、偏平足、O脚、外反母趾、重労働、半月板及び靭帯の損傷、骨折後の変形などがあげられます。

膝関節症にかかりやすい人

  • 女性は男性の2倍の発生率!
  • 変形性関節症は40代までは男性に多く、壮年期以降の40~50代以降になると女性に多い。

男性では重労働をしていた人に明らかに多く、女性では肥満の人に多くみられるのが特徴。
また、骨が完全に形成できていない少年期の激しいスポーツなども原因となる。
変形性関節症の発生は年々急増し、発生率は女性は男性の2倍と圧倒的に多い。

放っておくとどうなるの?

OAになると足がO脚になり、仙腸関節(骨盤)や股関節・膝関節の生理的な関節運動が制限され、そこで無理な関節の動きが生じるため軟骨や筋肉などの軟部組織が炎症を起こし、痛みが生じてきます。

どうすればいいの?

膝関節周辺の筋力アップトレーニングと体幹トレーニングを行う事で、しっかりとした下半身が出来上がります。
仙腸関節(骨盤)を基本と考え、股関節・膝関節の生理的な関節運動を回復させる(矯正する)ことと、東洋医学的な治療(ツボとツボを結ぶ気の流れている経絡の異常を正すこと)で症状の改善を図っていくことが期待出来ます。

改善(治療)方法、オススメの治療方法・コース

ハリウッドセレブコース、パーソナルトレーナーコース、メタボ解消コース、ゴールデンエイジコース、ボディトリートメントコース、ヒーリングスパチェアー、メディセル、エグゼトロン、フィジョンMD

コース一覧はこちらから ▶